北海道幌加内高校がやっている地域みらい留学365って何?

地域みらい留学365

最近よく聞くようになった地域みらい留学365ってどういうことなの?

私も聞いたことある。面白そうだけどちょっと聞きなれない言葉でよくわからないかも。

こんにちわ!北海道幌加内(ホロカナイ)高校のサイトへようこそ!

2020年の7月から本格的に始まった「地域みらい留学365」というちょっと聞きなれないけど面白そうなこのプロジェクトは一体どのようなものなのか分かりやすく説明しますね!

よく聞かれるQ&Aはこちらから↓

分かりやすく言うなら地方への簡単留学

地域みらい留学365は大都市圏の高校2年生を対象とした学生が全国で選ばれた高校に1年間留学できるという新しい制度です。

対象学生は現在の高校一年生!高校二年生の一年間を幌加内高校に留学できるということです!

でも一年間留学したら単位はどうなるの?

単位については学校間での調整が必要な場合もあります。

履修チャートに関しては「地域みらい留学365」のHPより確認できます。

こちらからチャート表をダウンロードして学校の先生と相談してください。

でも分からないことも多くて色々心配なこともあるかな。。

そんな学生の為にも全ての学校に「コーディネーター」という形で学生をサポートする人々がいます。

例えば幌加内高校ではこちらのサイトも一緒に運営している僕のような存在です。

 

各学校に常駐しているコーディネーターは学校の先生とは違い、そこそこの学校によって様々な経験を積んできた人々がサポートをします。

僕を例にするならばこんな感じです。

  • 海外を長く旅していた旅人
  • バドミントン元ネパール代表コーチ
  • ブログで収益を作っていたブロガー
  • 心理カウンセラーの資格を持っているカウンセラー
  • 電子書籍の出版やwebライターとして物書きをする人
  • バドミントン元全日本ジュニアチャンピオン

もちろん、学校の先生方も様々な分野に特化していて都会の学校では経験できないような授業を行なっているのが特徴ですが、今回選ばれている全国12校の学校ではそれぞれに特化した高校であり、魅力的な土地に根付いている学校ばかりです。

コーディネーターという学校の先生とは違った立場の人が学校にいるというのも地域みらい留学の面白いところです。

幌加内高校では何ができるの?

幌加内幌校PR動画

さて「地域みらい留学365」がなんとなく分かったところで幌加内高校ではどんなことが授業として学べるのかを見ていきましょう。

まず他の高校でも類を見ないのが学校の授業でそば打ちが必修科目としてあるということです。

一年に一度のそば打ち認定大会では、そば打ちの段位を取得できる唯一の大会です。

基本的に幌加内高校に通う生徒は段位取得が卒業認定の必修条件となっているので、授業の中で多くの時間がそば打ちにあてられています。

これって女子もやるんですか?

もちろん女子生徒もそば打ちを行いますし、女子には女子にしか打つことができない繊細なそば作りを行うことができます。

なんでそば打ちなんですか?

幌加内高校のある幌加内町は日本で一番そばの作付け面積がある町です。

町立の幌加内高校は町の人々に支えられ、町の産業に支えられている高校でもあるのです。

そんな幌加内高校では町の基幹産業でもあるそばを使うことで、町と一体になって産業を学ぶということが古くから通例となっています。

ベースは農業高校

幌加内高校ではそば打ちの授業があり他にはベーカリなどのパン作りや商店会など様々なイベントがあります。

学校祭はもちろんのこと、イベントの多さに関しては一般的な高校よりも多いのが一つの特徴かもしれません。

しかし幌加内高校は農業をベースとし農業高校となっています。

北海道ならではの大きな農場では様々な作物が生産され、そこから生産された物を授業内で加工し、販売まで行なっていく6次産業というものを授業の中で取り入れています。

6次産業ってどういうことですか?

簡単にわかりやすく教えますね。

「1次産業」

農業を学びまずは自分たちで食品になるものを“生産”していくことを経験として学んでいく

                   ↓

「2次産業」

それらで育った作物を“加工し自分たちで調理”して商品となるものを実際に作っていく

                   ↓

「3次産業」

商品となったものを自分たちで“お店作りから学び販売”をしていく

これらのことをまとめて6次産業と言います。

幌加内高校ではこれらのことを授業で全て完結させる珍しい授業を取り入れています。

生活はどんな感じ?

実際の生活はどんな感じになりますか?

学校のすぐ側には幌加内高校の大半の生徒が生活する寮あります。

寮でも焼肉パーティーやハロウィンパーティーをはじめ、様々なイベントがあります。

もちろん地域みらい留学365で留学する生徒も同じ寮で生活をしますし、多くの仲間が助け合ってくれるので心配はいりません。

幌加内高校ってどこにあるの?

北海道といっても札幌や旭川は聞いたことあるけど幌加内ってどこですか?

幌加内は北海道の中でも人口が1500人と、町の規模としてはとても小さな町です。

北海道の地図を元に見てみると幌加内の場所はこのようになります。

近隣の町からは山で囲まれ、とても穏やかな町です。

人口1500人の町といっても面積はとても広く、町の北側には朱鞠内湖(シュマリナイコ)という大きな湖があります。

オープンスクール(学校見学会)について

幌加内高校に地域留学をしてみたいと考えたとして、実際に学校に見学に来てみたいと思うことはあるでしょう。

しかし北海道までは交通費などのお金がかかり、負担が大きいと感じる人もいるのではないでしょうか。

2020年度のオープンスクールについてはこれらの補助がありますので参考にしてみてください。

交通費に関しては町から半額の補助が出ます。さらに2020年度は国が支援しているGoToトラベルを利用するのができるので、実質の負担額は2割〜3割程度の負担でまかなえます。
2020年度オープンスクールは10/10〜10/11となっています。

幌加内高校に行くメリットは?

さて地域みらい留学365制度を利用して北海道の幌加内高校に1年間留学するメリットとはなんでしょうか?

それぞれの目的によって何を経験したいかにもよりますが、もしあなたが今の高校生活の中でちょっとしたずれを感じていたり、もっと高校生のうちに理想とする高校生活を送ってみたいとするならば、様々な体験ができるのが幌加内高校の魅力です。

高校生ながらにしてそば打ちの段位が取得できる

・少人数の高校生活で自分に合った生活を経験できる

・北海道という土地で寮生活を経験できる

都会の高校生活では経験できないことができるのが地域みらい留学365の魅力であり、他の高校では経験できないことができるのが幌加内高校の魅力です。

なんかすごく面白そう!こんな高校が北海道にはあるんだ!

3年間のうち1年間だけ国内留学ができるって新しいスタイルだね。北海道で生活できるチャンスを高校生のうちに叶えてみたいな!

他の高校も含め、同じ制度を使って様々な高校を調べてみたい人はこちらのサイトものぞいてみてね!

よく聞かれるQ&Aはこちらから↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました